大人のおねしょ(夜尿症)

  1. ホーム
  2. 水着セパレート
  3. まなぺん様専用⭐︎room306 ショルダーフリルビキニ
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

大人のおねしょ(夜尿症)とは?

夜尿症は睡眠中の尿漏れという症状のことで、一般的には「おねしょ」と呼ばれています。夜尿症は子どもだけでなく、大人にも存在する症状です。子どもの夜尿症は排尿に関する機能が未発達で起こっているケースが多く、成長とともにほとんどが自然解消に向かいます。一方、大人の夜尿症には深刻な疾患が隠れている場合があるため、泌尿器科を受診して原因を確かめ、適切な治療を受けることが重要です。

子どもは成長とともに日中の排尿習慣がついて、それから夜間もコントロールできるようになります。2~3歳でオムツを卒業することが多いのですが、水分の過剰摂取、排尿機能発達の遅れなどの理由によって5歳くらいまでおねしょをすることはよくあります。6歳以上になって週1度程度の頻度でおねしょをする場合は夜尿症の可能性があります。
大人の夜尿症には、子どものころから継続している一次性夜尿症と、大人になってから起こる二次性夜尿症があります。大人の夜尿症は誰にでも起こる可能性がある症状ですし、泌尿器科で適切な治療を受けることで治すことができます。

【期間限定お試し価格】 まなぺん様専用⭐︎room306 ショルダーフリルビキニ 水着セパレート

大人がおねしょをする原因は、加齢、自律神経の乱れ、睡眠障害、病気の4つに大きく分けられます。このうち病気については別にくわしく解説しています。

加齢

直腸や膀胱などの臓器を支えている骨盤底筋という筋肉が加齢によってゆるむことで、尿漏れを起こしやすくなります。女性は妊娠・出産で骨盤底筋にダメージを受けることが多く、尿道も短いため尿漏れを起こしやすい傾向があります。
また、睡眠中に尿意で目が覚めても、加齢で動きが遅くなっていてトイレまで間に合わないというケースもあります。

【期間限定お試し価格】 まなぺん様専用⭐︎room306 ショルダーフリルビキニ 水着セパレート

自律神経は、呼吸など無意識に働く機能をコントロールしています。膀胱や尿道も自律神経がコントロールしています。寝ている間は自律神経が膀胱の緊張をゆるませて1.5倍程度の尿をためられるようにしているとされていますが、自律神経の不調によりこうしたコントロールがうまくできなくなると尿を少ししかためられなくなって尿漏れを起こしやすくなります。心配や不安などの強いストレスや生活習慣の乱れなどによって、自律神経が乱れるとさまざまな症状を起こすことがあり、尿漏れや夜尿症もそうした症状のひとつです。

睡眠障害

質の良い睡眠では、抗利尿ホルモンが分泌されて尿量が抑えられるため、長時間の熟睡が可能になります。寝つきが悪い、すぐ目覚めてしまう、眠りが浅いといった睡眠障害があると抗利尿ホルモンの分泌量が減少して睡眠中に膀胱にたまる尿量が通常より多くなってしまい、尿漏れを起こしやすくなります。

1fo6スケールヌードBJD人形かわいいBJD/SD 白い肌 顔メイク追加あり

習慣や環境も尿漏れやおねしょといった症状に大きく関係しています。
たとえば、就寝時間が一定してないため質の良い睡眠をとれない、寝酒を飲まないと眠れない、寝ている間に寝具をはいで冷えてしまうなどが続くと、尿漏れやおねしょを起こしやすくなります。
睡眠中に尿意を感じて目覚める回数が増えた、トイレにまつわる夢をよく見るようになるなどがある場合は、尿漏れやおねしょにつながりやすいため注意が必要です。

大人のおねしょ(夜尿症)を引き起こす病気

大人の夜尿症は、排尿のコントロールにかかわる神経や膀胱をはじめとする尿路に影響を与える病気によって引き起こされているケースがあります。

排尿のコントロールにかかわるものでは、神経の中でも脊髄にダメージを与える疾患が夜尿症に関与することが多くなっています。代表的なものに糖尿病の合併症である末梢神経障害、そして腰椎脊柱管狭窄症などがあります。こうした疾患では尿意を感じにくくなることが多いため、日中にも尿漏れを起こすことがあります。

尿路に影響を与える病気には、前立腺肥大症や便秘、子宮脱などがあります。こうした疾患では膀胱や尿管が圧迫されるため、夜間だけでなく日中の尿漏れや失禁も起こりやすくなります。

他にも質の良い睡眠がとれなくなる睡眠時無呼吸症候群、うつ病などの気分障害も夜尿症のリスクを上昇させます。

適切な治療を受ければ改善可能ですから、お悩みがありましたら気軽にご相談ください。

過活動膀胱

尿路に起こる病気です。膀胱が過剰に活動して、頻尿や突然強い尿意を感じてトイレに間に合わない切迫性尿失禁などを起こします。こうしたことから、睡眠中の尿漏れやおねしょを起こしやすくなります。トイレに関する不安で外出や人付き合いが苦手になるなど、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を大きく下げる可能性があるため、早めに治療を受けるようおすすめしています。

前立腺肥大症

前立腺は精液の一部を分泌する男性の生殖器で、加齢とともに肥大しやすい傾向があります。前立腺は尿道を囲むように存在しているため、肥大すると尿道を圧迫して適切な排尿が困難になります。頻尿、膀胱内の尿があふれて漏れる溢流性尿失禁などの症状を起こすと、おねしょになることがあります。

神経因性膀胱

排尿に関する指令は脳から発せられて膀胱に届きます。こうした脳から膀胱へのやりとりがうまくいかなくなるのが神経因性膀胱です。主な症状は、蓄尿や排尿に関する障害です。原因疾患に脳障害(脳梗塞や脳出血など)や糖尿病が隠れている可能性があるため、早期の受診が重要です。

便秘

たまった便で膀胱が圧迫されてためられる尿の量が減り、尿漏れを起こしやすくなります。便秘はよくある症状ですが、慢性的な便秘を放置していると夜尿症だけでなく、さまざまな疾患の原因になる可能性があります。再発しやすいので、受診してしっかり治すことが重要です。

【期間限定お試し価格】 まなぺん様専用⭐︎room306 ショルダーフリルビキニ 水着セパレート

血糖値が高いと、血糖を排出するために多くの水分を摂取するようになり、それが原因で多尿になっておねしょにつながります。また糖尿病の合併症で神経障害を起こすと神経因性膀胱を発症することがあって、それによっておねしょのリスクも上がってしまいます。

【期間限定お試し価格】 まなぺん様専用⭐︎room306 ショルダーフリルビキニ 水着セパレート

寝ている間に無呼吸を繰り返して、睡眠の質を著しく下げてしまう疾患です。十分な睡眠時間が確保されていても熟睡できず、覚醒を繰り返すため睡眠不足となって集中力が低下し、日中にしばしば抵抗できないほど強い眠気を催します。睡眠時無呼吸症候群による大きな事故などが何度も報道されています。睡眠の質低下によって夜間の尿漏れやおねしょを起こしやすくなります。

大人のおねしょ(夜尿症)の対策・治療

加齢

「年齢のせい」とあきらめてしまうと、外出や人付き合いが億劫になって老け込んでしまいます。治療で改善が見込めますし、アクティブに動いて体力や筋力を維持し、ケア用品を上手に使うことも解決法のひとつです。

ストレス

原因を取り除くことが最も有効な対処法ですが、それができないからこそストレスになっているというケースも多いと思います。趣味や楽しめることに積極的なかかわりを持ったり、寝室やお風呂などをリラックスできる空間にしたりなど、気持ちを切り替えるきっかけをつくりましょう。

アディダス ジャージ トラックパンツ M ワインレッド オリジナルス

睡眠をしっかりとることが特に重要です。就寝前は過剰な水分摂取を避けて、寝る前には必ずトイレに行きましょう。また、利尿作用のあるアルコールを就寝前に飲まないようにしてください。早寝早起きの習慣をつけて、朝日を浴びると体内時計がリセットされて調子が整いやすくなります。適度な運動やバランスのとれた食生活、規則正しい生活で健康な暮らしを取り戻すことは、健康にも役立ちます。

美品 needles トラックパンツ ストレート ブラウン パープル

夜尿症や夜間の尿漏れが気になったら、まずは泌尿器科を受診して病気が原因ではないかをしっかり確かめましょう。原因によっては、泌尿器科以外の診療科受診が必要になる場合もあります。たとえば便秘でしたら消化器内科、糖尿病は内科、睡眠時無呼吸症候群は睡眠外来などです。当院では、泌尿器以外の原因で夜尿症を起こしていると考えられる場合、連携している適切な診療科の専門医をご紹介していますので、お気軽にご相談ください。

IMS-ENCORE.COM RSS